将来も考える

住宅ローン金利と住宅購入について

マイホームの購入は大半の人にとって人生で一番高い買い物になります。そのため、住宅ローンを利用して購入することが一般的です。住宅ローンは高額かつ長期間にわたって返済するローンとなるため、わずかな金利の違いであっても総支払額という単位で考えると、数百万円の違いとなることもあります。現在は歴史的にみても極めて低金利状態であるため、住宅ローンを利用してマイホームを購入するには、よいタイミングであるといえます。子育て世帯にとって、子供たちをのびのび育てるには、共同住宅よりも戸建て住宅の方が理想的だと考える人も多いことでしょう。戸建て住宅の購入にあたっては、建物自体もさることながら、立地条件を重視して選ぶことも大切になります。

戸建て住宅購入のポイントについて

立地条件が重要な理由としては、内装や間取りについては将来的にリフォームで変更することも可能ですが、立地条件は自分たちだけではお金を出しても解決することができないからです。戸建て住宅の場合、共同住宅と比べて駅から離れたところに立地しているケースも多いですが、そうした物件は今後の人口減少社会においては、より価格が下落する可能性が高いといえます。将来的な転売や、車に乗れなくなった時のことなどを考慮して物件選びをすることも重要になります。特に、駅から離れた立地などでは、子供の高校や大学進学の際に選択肢を狭めてしまったりする可能性もあります。駅に近い物件の方が価格は高くなりますが、戸建て住宅購入時には、目先の金額にとらわれず、将来的な視点に立って物件の立地選びをすることが重要になります。